ちょっと手を加えて再び
この襦袢は、元は留袖の白の重ねでした。
素材は羽二重です。
一度は色無地に染め、子どもの入学式に着たものです。
その後、もう一度染め替え、襦袢に仕立てたものです。
袖の振りからのぞく色合いを楽しめる
私の、一番気に入っている襦袢の一枚です。

白の半襟に、ビーズ刺繍をしています。
出る部分だけにビーズを・・・少し手抜きしてますが。
パーティーなどに着用します。

白の半襟をつけて、色無地や付け下げ、
訪問着など幅広く活用しています。
時には小紋の色あいに合わせて、着用することもあります。