ちょこっと着物知識

着 物 は こ こ ろ

  躾(しつけ)について

「衿を正す」、「躾(しつけ)をかける」、「折り目正しい」と言う言葉があります。
この言葉は、「きもの」からできたことばです。
「きものを着る」ということは、単に表面的な美しさだけではなく、精神的な美 しさ、つまり内面から出る美しさも必要だと思います。
着物を美しく着るということは、技術はもちろんのこと、それを身につけたときの、 立ち居振舞い、しぐさによりその美しさが一層増すものと思います。 このような立ち居振舞いは一概にできるものではなく、小さいころからのしつけの 積み重ねが大事になってきます。
「しつけ」とは「躾」と書き、「美しい身のこなし」という意味でもあります。

着物を仕立てたとき、衿、袖、裾・・・・等に着用するまでくずれないように折り山 を「しつけ」といって、しつけ糸で押さえておきます。これも着物に対する「しつけ」 とでもいえるのでしょうか?
このしつけの掛け方は、キツ過ぎても緩すぎても、しつけ糸は役に立ちません。
着物のしつけ、なんとなく子供の躾に共通するものがあると思いませんか。
子供に対して、厳しすぎても(きつくても)、甘やかし過ぎても(ゆるすぎても) いけないと思うんですが。
個人としての個性は大事だけれど、一般社会で人に迷惑をかけない最低限のルール というものを、きものにしつけをかけるように、子供にもしつけをかける。
身について、定着するまで。
着物のしつけと、「躾」は無関係とは言えないかもしれませんね。



合わせる、結ぶ

衿合わせのよしあしで、その着物姿の美しさ、つまり個性的な美しさがかなりの 割合で出てきます。
きっちり合わせるばかりが美しいのではなく、体型や年齢、着る人の雰囲気など によって、それは多少は違ってもいいのです。


着物着付けに上手下手は有りません。
自分の個性を十二分に引き出せるような着つけ方、それが一番、着物姿が美しく 見える条件なのです。

着物を着る基本動作は、まず左右の衿を合わせる、帯を結ぶ、この二つだと思い ます。
   衿を合わせるということは、"人の心と心を合わせる"ことを意味し、     帯を結ぶことは、"心を結び合う"ことを象徴していると思います。

日本のよき伝統の和服とともに、人間と人間の優しい心のつながりを、大切にし ていきたいものです。