平成19年

=2月〜=


2/11  一周忌法要

早いもので父が亡くなってから1年になろうとしています。 3日早いけど、今日周忌法要を済ませました。 10時お寺〜11時お墓〜
12時より自宅で法事。

両親の兄弟、姉妹、親戚が集まって、飲食しながらワイワイ。
周忌とはいえ、もう一年もたてば、思い出話で大笑い。
1年前の葬儀のときは、気も沈みがちだったのに、時というのは不思議なもので、 今はよき思い出(?)になってしまっている。
何しろ久しぶりに集まる親戚縁者は、なつかしさ、うれしさではしゃぎっぱなしであった。
変な言い方だけど、今日は本当に楽しい午後のひとときであった。


3/13 春の嵐

庭に芽を出した福寿草、クロッカス、水仙。
もうすぐ春と信じ、あと少し暖かくなったら、花開こうと準備していたであろうに・・・
突然、風雪に見舞われて、また雪の下、少しふくらんだつぼみはいまごろどうしているのやら。

降り続ける雪、なかなか止まない雪
ふっと一昨年から昨年にかけてのあの大雪に苦しめられながら、病床の父との最後の闘いがよみがえる。
父の「戒名」の「雪山」の文字が示すように、父はやっぱり雪男だったんだな
1年目、父が亡くなった2月13日もお天気は荒れ、そして今日3月13日父の誕生日も外は銀世界。
雪は父からの、何かのメッセージなのだろうか。
「元気でガンバレ」と。

3/21   お彼岸

午前 お墓参り お天気晴れ、少し風が冷たい

昨年のお彼岸には、お墓はまだまだ雪を被っていたが、今年は日陰のところに少し残っているぐらいだった。
また、来月の月命日に来ることを約束して、帰宅する。